ProfileBiography

廣瀬 智央

経 歴

1963
東京生まれ
1991   
イタリア政府給費奨学生として渡伊 (-1992)
1996
ポーラ美術財団助成にてイタリアにて滞在研究 (-1997)
2008
文化庁在外派遣研修員としてニューヨークに滞在研究 (-2009)
2011
日米財団助成のフェローとしてバーモンドスタジオに滞在制作
   
現在、イタリアのミラノを拠点に活動

エデュケーション

1989
多摩美術大学卒業
1997
ミラノ・ブレラ美術アカデミー修了

個 展

2021
「ストレンジ・ループ」 ラ・ポルテリア、 フィレンツェ、 イタリア
「ここから見ると」 ウンベルト・ディ・マリーノ、ナポリ、イタリア
2020
「地球はレモンのように青い」 アーツ前橋、前橋、群馬
「奇妙な循環」小山登美夫ギャラリー、東京
2017
「廣瀬智央展、森のコスモロジー」 8/ ART GALLERY/ 小山登美夫ギャラリー、東京
2016
「遊歩者」 モリーゼ文化財団, カンポバッソ, イタリア
2015
「ヘテロニム」 ガレリア・ウンベルト・ディ・マリーノ、ナポリ、イタリア
2013
「ケルビーノ」 8 Art Gallery/ 小山登美夫ギャラリー、東京
2012
「ウインター・ガーデン」  ガレリア・マリア・グラッイア・デル・プレーテ、ローマ、イタリア
2011
「ウインター・ガーデン」、レッドミール・ギャラリー、バーモント・ストゥディオ・センター、ジョンソン、アメリカ
2009
「ウェルトゥムヌス」  板室温泉 大黒屋、那須塩原、栃木
「Satoshi Hirose」  小山登美夫ギャラリー代官山, 東京
「新しい天使」  ガレリア・マリア・グラッィア・デル・プレーテ, ローマ、イタリア
2008
「ミクロコスモ」 ウンベルト・ディ・マリーノ・アルテコンテンポラーネア、ナポリ、イタリア
「官能の庭」 小山登美夫ギャラリー、東京
2005
「Blue Box」 小山登美夫ギャラリー、東京
2004
「次の世界へ」 ガレリア・ウンベルト・ディ・マリーノ、ジュリアーノ、ナポリ、イタリア
2003
「旅行者」 ニコラフォルネッロ・ギャラリー、トリノ、イタリア
「トランジット」 TKGY at Lammfromm、東京
「ディープ・フォレスト」 スパイラル - ワコールアートセンター、東京
2002
「ビーンズ・コスモス」 広島パークビル・ストリートギャラリー、三菱地所、広島
2001
「ヴェネチア・クルンテープ」 プロジェクト 304、バンコク、タイ
2000
「コート・ダジュール」 Bギャラリー、東京
「2001」 広島市現代美術館、広島
「day, day, day...」 小山登美夫ギャラリー、東京
1999
「プロジェクトA.P.O.」 佐賀町エキジビットスペース/佐賀町 bis、東京
「Viaggio」 スパイラル/ワコールアートセンター、東京
「ボート・トリップ 」 ムラッツィ・デル・ポー、トリノ、イタリア
1998
「バース2000―考える」 ギャラリー夢創館、神戸、兵庫
「パラディーゾ」 水戸芸術館現代美術センター、水戸、茨城
「トラ-ミテ」 イペリオン・アルテ・コンテンポラーネア、トリノ、イタリア
1997
「レモンプロジェクト03」 ザ・ギンザ・アートスペース、東京
「ルーチェ・ロッサ」 プロジェクト・フォー・ATM、ミラノ、イタリア
「Satoshi Hirose」 カーザ・デッリ・アルテスティ、ミラノ、イタリア
1996
「Una Volta」 リーセント・ギャラリー、札幌、北海道
「ペル・ピアチェーレ」 プロジェクトルーム・イル・コリドイオ、ミラノ、イタリア
1993
「住むところ」  スパッツィオ・ヴィア・トージ、ミラノ、イタリア

グループ展

2021
「真鶴町・石の彫刻祭」 真鶴町全域、真鶴、神奈川
「すべてのひとに石​がひつよう」 ヴァンジ彫刻庭園美術館、長泉、静岡
「リボーン・アートフェスティバル 2021-22 - 利他と流動性」 元観慶丸商店、石巻、宮城
「敷居」 ヴィラ ボルレッテイ, オリッジョ (ヴァレーゼ)、イタリア
「ホーム・スイート・ホーム」 KORA – チェトロ・デッル・ コンテンポラネオ、カストリニャーノ・デ・グレーチ (レッチェ)、イタリア
「帽子をかけるためのもう一つの場所」 オスヴァルド・リチーニ・現代美術ギャラリー、アスコリ・ピチェノ、イタリア
「女はみんなこうしたもの - エルネスト・コレクション作品」  ヴィラ・カンポリエット、エルーコラノ(ナポリ)、イタリア
2020
「大丸有SDGs ACT5× 東京ビエンナーレ2020/2021」 新有楽町ビルディング、東京
「佐賀町エキジビット・スペース1983-2000 現代美術の定点観測」 群馬県立近代美術館、高崎、群馬
2019
「未来への回路 in 豊川」 豊川市桜が丘ミュージアム、豊川、愛知
「表現の生態系 - 世界との関係をつくりかえる」 アーツ前橋、前橋、群馬
「鮮明性 - 光と透明性」 ヴィスコンティ宮殿/ ヴェッキオ宮殿、ブリニャーノ・ジェーラ・ダッダ (ベルガモ)、イタリア
「鮮明性 - 光と透明性」 聖チェルソ教会付属聖マリア教会、ミラノ、イタリア
2018
「空間 - 現代における部屋」 ヴィスコティ宮殿 - ヴェキオ宮殿、ブリニャーノ・ジェラ・ダッダ(ベルガモ)、イタリア
「自然へのプロセス」 スパッツィオ・マリーア・ カルデラーラ、ミラノ、イタリア
2018年2月8日~3月18日
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」  プラザ・ローレット・ギャラリー、メキシコ市、メキシコ
2017
「コレクション展 新収蔵作品を中心に」 アーツ前橋、前橋、群馬
「小山登美夫ギャラリーコレクション展2」  8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery、東京
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 グアヤキル市立美術館、グアヤキル、エクアドル
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 日本・人造りセンター、アスンシオン、パラグアイ、パラグアイ
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 アレーナ1ギャラリー、サンタモニカ、アメリカ
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 新ブダペストギャラリー、ブダペスト、ハンガリー
2016
「フードスケープ」 アーツ前橋、前橋、群馬
「表現の森 - 恊働としてのアート」 アーツ前橋、前橋、群馬
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 平山郁夫国際文化キャラバンサライ、タシュケント、ウズベキススタン
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 イスラム歴史文化博物館、アメリカーニ館、クエート、クエート
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 ネパールアートカウンシル、カトマンズ、ネパール
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 上海21世紀民生現代美術館、上海、中国
2015
「本の空間 −ざわめきのたび」京都精華大学ギャラリーフロール、京都
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 重慶中国三峡博物館、重慶、中国
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 瀋陽大学、瀋陽、中国
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 山東工芸美術学院、済南、中国
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 ビエンチャンセンターラオス、ビエンチャン、ラオス
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 マケドニア現代美術館、テッサロキニ、ギリシャ
2014
「グレート・イリュージョン」 ローマテンプル大学アートギャラリー、ローマ、イタリア
「銀座三越 × 小山登美夫ギャラリー アートセレクション展」銀座三越 8 階 ギャラリー、東京
「暗黒物質: 不可視な存在」 アートステージ、 シンガポール、シンガポール
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 済州学生文化院、済州、韓国
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 慶北大学校美術館、大邱、韓国
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 在韓日本国大使館公報文化院長、ソウル、韓国
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 マレー技術博物館, バンダル・スリ・ブガワン、 ブルネイ・ダルサラーム国
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 シアトル・センター内シアトル・センター・パビリオン、シアトル、アメリカ
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 ベージャス・アルテス美術館、サントドミンゴ、ドミニカ共和国
2013
「この星のうえで:ヴァンジ彫刻庭園美術館コレクション展」 ヴァンジ彫刻庭園美術館、長泉、静岡
「どうして? 人生だから...」  ウンベルト・ディ・マリーノ、ナポリ、イタリア
「アーツ前橋開館記念展 カゼイロノハナ 未来への対話」アーツ前橋、群馬
「超京都 2013 平成の京町家」平成の京町家モデル住宅展示場 KYOMO、京都
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 マージョリー・バリック・ミュージアム、ネバダ大学ラスベガス校、ラスベガス、アメリカ
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 国立近代美術館、グアテマラシティ、グアテマラ
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」、国立ダビッド・グスマン人類学博物館、サンサルバドル、
エルサルバドル
「未来への回路 -日本の新世代アーティスト」 
国立現代美術館、ブカレスト、ルーマニア
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 ブルースター 現代美術センター、サン・アントニオ、アメリカ
2012
「グループ展」 小山登美夫ギャラリー シンガポール、シンガポール
「別府現代芸術フェスティバル2012『混浴温泉世界』」、大分県別府市内各所(浜脇地区/中心市街地/鉄輪地区 他)、別府(「浜脇の長屋」宿泊施設として常設)、別府、大分
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 ミコラス・ジリンスカス・アートギャラリー、カウナス、リトアニア
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 ドニプロペトロウシク美術館、ドニプロペトロウシク、ウクライナ
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 ポルタムヴァ美術館、 ポルタムヴァ、ウクライナ
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 ブルースター・コンテンポラリーアートセンター, サンアントニオ, アメリカ
2011
「FLOWER」 高島屋日本橋店本館 美術画廊X、東京
「F for Fake」 サン・レウチョの邸宅群、カゼルタ、イタリア
「フオーディメンションズ - 時空間のプラスティク・ヴィジョン」 アクロス銀行、 ミラノ、イタリア
「Art in Office - 印象派・近代日本画から現代絵画まで」 豊田市美術館、豊田、愛知
「超京都」名勝渉成園(東本願寺)、京都
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 ボリビア国立美術館, ラパス, ボリビア
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 サンタクルス文化センター, サンタクルス, ボリビア
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」  近代美術デザイン館、サンホセ、 コスタリカ
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 コンテンポラリー・アート・センター, キト, エクアドル
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 アルハムラ芸術センター, ラホール, パキスタン
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 国立美術館, イスラマバード, パキスタン
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 マカリスター通り57号(ペナン州立博物館付属), ペナン, マレーシア
2010
「福島現代美術ビエンナーレ2010 HANA ~ 花、 華、葩、 蘂 ~」 福島県文化センター、福島
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 シャー・アラム・ギャラリー、 シャー・アラム、マレーシア
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 サリハラ・ギャラリー、ジャカルタ、インドネシア
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 エミタン・ギャラリー, スバラヤ、インドネシア
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 フエ市ホーチミン美術館、フエ、ベトナム
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 ホーチミン、ホーチミン市労働文化会館、ホーチミン、ベトナム
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 29 ハン・バイ・エキジビション・ハウス、ハノイ、ベトナム
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 ニューデリー日本文化会館、ニューデリー、インド
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 ラリ・カラ・アカデミー、チェンナイ 、インド
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 アカデミー・オブ・ファインアーツ、コルカタ、インド
2009
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 デ・ラ・サーレ - カレッジ・オブ・セント・ベニルデ・現代美術、デザイン美術館、マニラ、フィリピン
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 トロント日本文化会館、トロント、カナダ
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 コープバンカ文化センター, カラカス, ベネズエラ
2008
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 バルコ・ビルジリオ凝公立図書館、ボゴタ、コロンビア
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 市立エドワルド・シボリ美術館、ブエノスアイレス、アルゼンチン
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 チリ大学芸術学部付属現代美術館、サンチャゴ、チリ
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 ウォルヴァーハンプトン・アートギャラリー、ウォルヴァーハンプトン、イギリス
2007
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 現代アートスペース「シュピンネライ」、ライプツィヒ、ドイツ
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 スペイン・ヨーロッパ・デザイン学校、マドリード、スペイン
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 カナリア金融公庫芸術ホール, サンタクルス・デ・テネリフェ、スペイン
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 ハープサル文化センター、ハープサル、エストニア
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 コレギウム・アーティスティクム, サラエボ、ボスニア・ヘルツェゴビナ
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 RS現代アート美術館、バニャ・ルカ、ボスニア・ヘルツェゴビナ
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 ケルン日本文化会館、ケルン、ドイツ
2006
「空にふれるまでのあいだ」 ヴァンジ彫刻庭園美術館、長泉、静岡
福島現代美術ビエンナーレ2006 ~ 空 Sky, Air, Heaven, Ku, Firmament ~」 福島県文化センター、福島
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 パリ日本文化会館、パリ、フランス
2005
「キュレーターの視点 −<点>と<網>」 埼玉近代美術館、さいたま
「家ではない場所」 アソシアツィオーネ・レモ・ガイバッツィ、パルマ、イタリア
「サスティナブル・アート・プロジェクト」、平櫛田中邸、東京
「ナポリ, 現在」 PAN/ パラッツオ・ダルティ、ナポリ、イタリア
2004
「オフィチーナ・アジア」 レーテ・エミリアロマーニャ、ボローニャ近代美術館、ボローニャ/チェゼーナ市立美術館/アレンゴ宮殿、リミニ、イタリア
「アートがあれば  why not live for art?」 東京オペラシティーアートギャラリー、東京
「楽しむ空間 - 一歩前へ!」 宮城県美術館、仙台
「ウッシータ・ピストイア」 ストゥーディオ・アルルツィオ、ピストイア、イタリア
「未来への回路―日本の新世代アーティスト」 ローマ日本文化会館、ローマ、イタリア
「未来への回路 - 日本の新世代アーティスト」 シントラ近代美術館、リスボン、ポルトガル
2003
「オープニング・エキジビジョン」 小山登美夫ギャラリー、東京
「表層:しきい値において」 ロ−マ日本文化会館、ローマ、イタリア
「ミケッティ財団賞」 ミケッティ財団、フランカヴィラ・アル・マーレ、イタリア
「アートもくすり」、大阪市立大学医学部付属病院小児科病棟プロジェクト、大阪市立大学医学部付属病院、大阪
「クロス・セクション2」 オランダ・カカオファブリック、ヘルモンド、オランダ
「愛着のある場所 風景-通路」  IKOB 現代美術館、エウペン、ベルギー
「テイクアートコレクション」 スパイラル/ ワコールアートセンター、東京
2002
「フォームの現象論的移動性について」 ピオ・モンティ・ギャラリー、ローマ、イタリア
「リアル_インターフェイス: スイミング・アクロス・ユア・アイズ」 スペース・イマ、ソウル、韓国
「フル・コンタクト」 シラクーサ市立現代美術館、シラクーサ、イタリア
「睡蓮2002:蒼の彼方へ クロード・モネ×廣瀬智央」 アサヒビール大山崎山荘美術館、京都
「色彩の建築」 ウンベルト・ディ・マリーノ・アルテコンテンポラーネア、ジュリアーノ(ナポリ)、イタリア
「エモーショナルサイト」 佐賀町食料ビルディング、東京
2001
「クロッシング・スピリット」 TENT ロッルテルダム・ヴィジュアル・アートセンター、ロッルテルダム、オランダ
「先立未来」 ルイジ・ペッチ現代美術センター、プラト、イタリア
「ネオ・トウキョウ」 現代美術館、シドニー、オーストラリア
2000
「潜望鏡 2000」 カッシーナ・ローマ、サンドナート・ミラネーゼ、イタリア
「Tama Vivant 2000 そして、振り子をはなつ」 多摩美術大学ギャラリー、東京
「精神の道筋 2000」 EXMA カリアリ市立美術館, イタリア
「より広大な測定値 2000」 リンク、サッサリ、イタリア
「クリスマス 2000」 シンデルフィンゲン市立美術館、シンデルフィンゲン、ドイツ
1999
「リニュアールされるイメージ」 イ・ソットラネーイ・デレ・アルテ、モンテ・カラッソ、スイス
「糸にぶら下がること」 アプレール・アルテ・コンテンポラーネア、ピネローロ (トリノ)、イタリア
「フレーム」 ビアジョッティ・アルテ・コンテンポラーネア・ギャラリー、フィレンツッェ、イタリア
「より広大な測定値」、ミクロボエロティコ・プロジェクトルーム、ミラノ、イタリア
1998
「Ende/ Neu」 リーセント美術館、札幌、北海道
「精神の道筋」 城塞美術館、カリアリ、イタリア
「アーティストの内面」 ヴィラ・アレダメント、リスカーテ、メルッツォ、イタリア
1995
「チェンマイ・ソーシャル・インスタレーション」 チェンマイ市内、チェンマイ、タイ
「リトル・アペルト」 ヴェネチアの路上、ヴェネチア、イタリア

パフォーマンス

2020
「レモンプロジェクト03」 アーツ前橋、前橋、群馬
2002
「レモンプロジェクト03」 シラクーサ市立現代美術館、シラクーサ、イタリア
2001
「レモンプロジェクト03」 現代美術館、シドニー、オーストラリア
「クール・ダウン」 プロジェクト304、バンコク、タイ
1999
「ボート・トリップ」 ムラッツィ、トリノ、イタリア
1998
「ペル・ピアチェーレ」 プロジェクトルーム・イルコリドイオ、ミラノ、イタリア
「レモンプロジェクト03」 イペリオン・アルテ・コンテンポラーネア、トリノ、イタリア
1997
「レモンプロジェクト03」 ザ・ギンザ・アートスペース、東京
「永遠/現在」 カーザ・デリ・アルティスティ、ミラノ、イタリア
1996
「生きられた土地」 空き地、札幌、北海道
1995
「水のうえのドローイング」 ダルセナ、ミラノ、イタリア
1992
「水のうえのドローイング」 ボルゴ・ポー、トリノ、イタリア

受賞

2010/11
米日財団フェローシップ
2007/08
文化庁在外派遣研修員
1996/97
ポーラ美術財団助成
1991/92
イタリア政府給費奨学生

パブリックコレクション

アーツ前橋、前橋、群馬
アサヒビール大山崎山荘美術館, 京都
ヴァンジ彫刻庭園美術館、長泉、静岡
株式会社ADKホールディングス、東京
株式会社資生堂, 東京
国際交流基金、東京
佐賀町エキジビットスペース, 東京
白井屋ホテル、前橋、群馬
スルガ銀行、沼津、静岡
トヨタ アート コレクション、豊田、愛知
福岡県済生会福岡総合病院、福岡
ペプチドリーム株式会社、川崎、神奈川
マイクロソフト アート コレクション、 レドモンド、アメリカ
モリーゼ文化財団、カンポバッソ、イタリア
森美術館, 東京