News

12345
2021/06/25
【グループ展】

リボーン - アートフェスティバル 2021-22
利他と流動性
キュレター 窪田研二

[ 夏 ]
2021年8月11日(水) ~ 9月26日(日)
会場:宮城県 石巻市街地、牡鹿半島(桃浦、荻浜、小積、鮎川)、女川駅周辺
※ 休祭日 : 8月18日(水)、 9月1日(水)、 9月15日(水)

参加作家:
石巻市街地/ 廣瀬智央、邱和宏、⼤友良英、⽚⼭真理、⾬宮庸介、MES、⻄尾康之、マユンキキ、髙橋匡太、バーバラ・ヴァーグナー&ベンジャミン・デ・ブルカ
女川駅周辺/ 会⽥誠、オノ・ヨーコ、加藤翼
桃浦エリア旧荻浜⼩学校/ 篠⽥太郎、サエボーグ、森本千絵×WOW×⼩林武史、岩根愛、SWOON
荻浜エリア/ ⼩林万⾥⼦、⽚⼭真理、布施琳太郎、狩野哲郎
小積エリア/ 志賀理恵子

https://www.reborn-art-fes.jp/
https://www.reborn-art-fes.jp/artist/satoshi-hirose/
2021/07/14
【グループ展】

Home Sweet Home - Esplorazioni dell’abitare
Courated by Paolo Mele, Alessandra Pioselli, Davide Quadrio and Claudio Zecchi

July 23 2021 + ∞
Opening: July 23, 2021 19:00~
Venue: KORA - Centro del Contemporaneo, Castrignano de’ Greci (Lece), Italy
https://www.ramdom.net/en/home-sweet-home/
https://homesweethome.k-ora.it/

Information:
ramdom
https://www.ramdom.net/en/
info@k-ora.it | +39 366 319 95 32 | www.homesweethome.k-ora.it

KORA - Centro del Contemporaneo
www.k-ora.it
Via Vittorio Emanuele, 19
73020 Castrignano De' Greci (Lecce), Italy
2021/06/09
【グループ展】

"Un posto come un altro dove appendere il cappello"
Curated by Enzo e Giosuè Di Marino

19 June - 8 September 2021
Opening: Friday June 18, 2021
Venue: Galleria d'Arte Contemporanea "Osvaldo Licini", Ascoli Piceno, Italy.
a format conceived by Arte Contemporanea Picena

Artists: Elena Bajo, Marc Breslin, Yaima Carrazana, Jota Castro, Santiago Cucullu, Alberto Di Fabio, Eugenio Espinoza, Bruna Esposito, Luca Francesconi, Simon Fujiwara, Francesca Grilli, Satoshi Hirose, Mark Hosking, Francesco Jodice, Runo Lagomarsino, Ana Manso, Pedro Neves Marques, Gian Marco Montesano, Hidetoshi Nagasawa, Vettor Pisani, Marco Raparelli, André Romão, Giulio Scalisi, Eugenio Tibaldi, vedovamazzei e Sergio Vega
Exhibition detail: https://www.lobodilattice.com/art/mostre-eventi/posto-come-altro-dove-appendere-cappello
2021/05/29
【出版】

フィレンツェのラ・ポルティネリアでの個展「ストレンジ・ループ」に合わせて、展覧会リーフレットが出版されました。
* 展覧会会期中にバイリンガル(伊英)バージョンが出版予定です。

https://milleprato.sakura.ne.jp/publications_detail.php?text_id=2&id=47&category_id=0&pageID=1
2021/05/19
【個展】

"Strange Loop"
Curated by Matteo Inocenti
May 29, 2021 (Sat) - July 30, 2021 (Sat)
Venue: La Porteria, Florence
Opening reception: 16: 00 May 29, 2021 (Sat)
https://laportineria.art/
2021/05/06
【グループ展】

Così fan tutti - Opera dalla collezione di Ernesto
07 May 2021 - 14 November 2021
Curated by Marianna Agliottone
Venue: Villa Campolieto, Ercolano (NA)
Exhibition detail: https://artem.org/wp-content/uploads/2021/05/cosi%CC%80-fan-tutti_sfoglia-le-prime-pagine.pdf
2021/01/29
【個展】

展覧会「Visto da qui」は、2021年2月10日まで延長されました。

https://www.galleriaumbertodimarino.com/wp-content/uploads/2021/01/Visto-da-qui_S.Hirose_dossier.pdf
2021/01/10
【個展】

Visto da qui
Satoshi Hirose - Stardust
13 - 27 January 2021
Opening reception: 18:00~ 13 January 2021
Venue: Galleria Umberto Di Marino - Via Alabardieri 1, 80121, Napoli
Opening hours: Monday – Saturday from 3pm to 7pm

Exhibition detail:
https://www.galleriaumbertodimarino.com/visto-da-qui-satoshi-hirose-10-24-january-2021/

Dossier:
https://www.galleriaumbertodimarino.com/wp-content/uploads/2021/01/Visto-da-qui_S.Hirose_dossier.pdf
2020/10/11
【トークイベント】

大丸有SDGs ACT5×東京ビエンナーレ2020/2021
<ポストコロナからはじまる都市創造とアート>

withコロナの世界が広がりつつある現在において、昨今より取り組まれてきたSDGsの意義が改めて注目を集めています。ウィルス感染症の他に、私たちの命を脅かす気候変動や温暖化、地球環境や社会の問題を、都市の中で積極的に可視化し、SDGsの掲げる“誰一人取り残さない”世界の実現に向けて、クリエイティブな発想を取り入れながら創造していく社会を考えます。

WEBサイト: https://tb2020.jp/news/20201009_sdgsact5xtb20202021_talk/

[登壇者]
廣瀬智央(アーティスト)
田中元子(株式会社グランドレベル)
上田壮一(一般社団法人Think the Earth)
井上成(三菱地所株式会社 プロジェクト開発部 有楽町街づくり推進室)
ビデオメッセージ出演:芳賀正彦(特定非営利活動法人吉里吉里国)、
司会:中村政人(東京ビエンナーレ2020/2021 総合ディレクター/アーティスト)

日程: 2020年10月19日[月]19:00-20:30
場所: SAAI Wonder Working Community(東京都千代田区有楽町1-12-1新有楽町ビル10階)
参加料: 会場参加1ドリンク付き1,000円(限定40名)、オンライン参加無料(限定300名)
お申し込み: http://ptix.at/ICYAZ1

※事前にこちらのPeatixサイトからご予約ください。
2020/10/05
【シンポジウム】

「食×アートの学びが拓く持続可能な社会構築の可能性の研究」シンポジウム
「前橋における食×アートプロジェクトの過去・現在・未来」

●主催:前橋における食×アートプロジェクト実行委員会
●共催:群馬大学 食健康科学教育研究センター
●問い合わせ先(責任者):〒371-8510前橋市荒牧町4-2 群馬大学共同教育学部美術教育講座 茂木一司・郡司明子
tel&fax:027-220-7316(郡司研究室) email:gunji@gunma-u.ac.jp

■実施日時: 2020年10月7日(水)19:00−21:00
■実施方法: Zoomによるオンラインシンポジウム
■シンポジウムタイトル:「前橋における食×アートプロジェクトの過去・現在・未来」
■登壇者:【講演者】廣瀬智央/アーティスト・中山晴奈/アーティスト【パネリスト】廣瀬智央・中山晴奈・
茂木一司/群馬大学教授・宮川紗織/アートWSコーディネーター【司会】郡司明子/群馬大学准教授
■実施内容: 
・はじめに/課題意識(茂木一司)
・食健康科学教育研究センター長あいさつ(粕谷健一センター長・仮)
・「『上毛電鉄ごちそうアートトレイン 2015』にみる食×アートプロジェクトの可能性・仮」(宮川紗織)
・「食・アート・社会の循環に向けて・仮」(廣瀬智央)
・「現在の食とアートの問題・仮」(中山晴奈)
・パネルディスカッション「前橋における食×アートプロジェクトのゆくえ」(廣瀬・中山・茂木・宮川)
・おわりに/今後の方向性(郡司明子)

■趣旨: 
 本シンポジウムは、群馬大学食健康科学教育研究センター助成「令和2年度『食健康科学に関する地域連携研究』」を受けて発足した「食×アートの学びが拓く持続可能な社会構築の可能性の研究」の一環として行うものです。近年、食に対する関心が高まっています。それは、社会環境やライフスタイルの多様化、さらには異常気象やコロナ禍における食流通システムの限界等さまざまな問題が浮上したことに加え、和食ブーム、健康志向の高まりが関係していると言えるでしょう。食べるという行為は、自身の身体に他(者)を取り入れる行為であり、その結果が直に自分にかえってくる、端的にいえば命に関わる問題です。このような食を取り巻く問題・不安が浮き彫りとなった現代において、人々は食に対して意識せざるを得ません。アートシーンでも同様であり、さまざまな問題を敏感に察知し、自身の表現(アート)を介して解決を試みるアーティストが、食に関心を寄せています。特に食を社会のアートとするときに、それによって恢復される生の全体性はアートが持つ多様な表現とコミュニケーションが有効なツールとなります。そして食×アートの学びは、必ずしも食に帰結するわけではなく、さまざまなかたちの学びに展開する可能性があります。元来、科学と芸術は表裏一体です。一つの祝祭(まつりごと)の中で行われていた共同体の事業をアート&サイエンスとして今一度掛け合わせることにより、細分化される現代に答えのない探究プロセスとして食×アートの学びをプロジェクト化すること。これが本研究の目的と意義です。そこで、前橋を拠点とした食×アートのプロジェクトに造詣の深いアーティスト、廣瀬智央氏と中山晴奈氏を迎え「前橋における食×アートプロジェクトの現在・過去・未来」と題して、これまでのプロジェクトを振り返ると共に今後の展望を見据えるシンポジウムを企画しました。多角的な食とアートをめぐる話題は、いまを生きる私たちや地域への活力になることでしょう。
2021/08/20
【アートプロジェクト】

東京ビエンナーレ2020/2021 プレイヴェント
廣瀬智央「大丸有SDGs ACT5×東京ビエンナーレ2020/2021」

2020年8月21日 (金) - 10月25日(日)
会場:新有楽町ビル1階 (東京都千代田区有楽町1-12-1)、東京
開館時間:平日 8:00-23:00 / 日祝 10:00-23:00

展覧会詳細:https://tb2020.jp/news/20200818-satoshi-hirose/
http://koyamaartprojects.com/news/jp-satoshi-hirose-strange-loop/

*オープニングレセプションは開催致しません。
2020/08/20
【出版】

アーツ前橋で開催中の展覧会「地球はレモンのように青い」に合わせて、コンセプトブック「Satoshi Hirose」がTrue Ringより出版されました。

詳細:https://www.cawaiifactory.jp/satoshi-hirose/
https://www.milleprato.com/publications_detail.php?text_id=2&id=46&category_id=0&pageID=1
2020/06/01
【個展】

奇妙な循環
2020年6月5日(金)〜2020年7月4日(土)
会場:小山登美夫ギャラリー、東京
開館時間:11:00〜19:00(日月祝休)

展覧会詳細:http://koyamaartprojects.com/news/jp-satoshi-hirose-strange-loop/

*オープニングレセプションは開催致しません。
*本展は、アーツ前橋での個展「廣瀬智央 地球はレモンのように青い」(2020年6月1日[月] - 7月26日[日])との同時開催となります。 http://www.artsmaebashi.jp/?p=14546
2020/04/20
【個展】

地球はレモンのように青い
2020年5月22日(金)〜2020年07月26日(日)
主催:アーツ前橋
会場:アーツ前橋
休館日:水曜日、年末年始(12/28〜1/4)
開館時間:10:00〜18:00(入場は閉館の30分前まで)

アーツ前橋:http://www.artsmaebashi.jp/
展覧会詳細:http://www.artsmaebashi.jp/?p=13991
2020/02/10
【個展】

豆のコスモロジー
2020年2月18日(火)〜2020年2月23日(日)
会場:gallery ON THE HILL、東京
開館時間:12:00〜19:00(最終日のみ17:00終了)
協力:一般社団法人オンザヒル

展覧会詳細:http://koyamaartprojects.com/news/hirose-gallery-on-the-hill-2020/
2020/01/13
【グループ展】

未来への回路 in 豊川、桜が丘ミュージアム
2019月12月14 日 - 2020年1月1日
桜が丘ミュージアム、豊川

参加作家: 福井篤、廣瀬智央、明和電機、村田朋泰、中村哲也、佐内正史、齋木克裕、須田悦弘、束芋、高橋信行、横溝美由紀

http://www.city.toyokawa.lg.jp/shisetsu/bunkakyoiku/sakuragaokamuseum/index.html
2019/11/01
【出版】

「表現の生態系-世界との関係をつくりかえる」のコンセプトブックが出版されました。

http://sayusha.com/catalog/books/p9784865282498c0071
2019/11/01
【グループ展】

表現の生態系 - 世界との関係をつくりかえる
2019年10月12日(土)〜2020年01月13日(月)
主催:アーツ前橋
会場:アーツ前橋
休館日:水曜日、年末年始(12/28〜1/4)
開館時間:10:00〜18:00(入場は閉館の30分前まで)

参加作家:あかたちかこ+ハレルワ/イケムラレイコ/石坂亥士+山賀ざくろ+えいめい+じゃんけんぽん/糸井潤/アンナ・ヴィット/岡本天明/オノサト・トシノブ/尾花賢一+石倉敏明/金井南龍/川瀬慈/鴻池朋子/地主麻衣子/白川昌生/ブルーノ・タウト/高山明/Port B+あかつきの村/滝沢達史+アリスの広場/長重之+西沢彰/出口王仁三郎/出口なお/ジャン・デュビュッフェ/東宮稔/中村裕太/成瀬杏子/廣瀬智央+後藤朋美+のぞみの家/ブブ・ド・ラ・マドレーヌ/ヨーゼフ・ボイス/松澤宥/アンリ・ミショー/三輪途道/山田創平/ヴィフレド・ラム

関連サイト:表現の森の活動については特設サイトをご参照ください。
https://www.artsmaebashi.jp/FoE/

アーツ前橋:http://www.artsmaebashi.jp/
展覧会詳細:http://www.artsmaebashi.jp/?p=13991
2019/08/01
【出版】

写真集、「私の秘密の花 - 西沢立衛のガーデン&ハウス」が出版されました。
著者:西沢立衛・鈴木理策・内田鋼一・金氏徹平・廣瀬智央

Garden & Houseとは、2011年に竣工した西沢立衛の設計による個人住宅です。この建物を使い、竣工直後に非公開の展覧会「私の秘密の花」が開催されました。
西沢と同じ日本人で同年代、かつ同時代に活躍する美術作家4人鈴木理策・内田鋼一・金氏徹平・廣瀬智央が参加し、建築空間を使って展示したのは、「ガーデンと家」にまつわる作品です。
本書は展覧会の図録であると同時に、撮影を担当した写真家の鈴木理策の建築写真集でもあります。併せて、西沢立衛によるエッセイも収録。

https://www.cawaiifactory.jp/my-secret-flowers-garden-and-house-by-ryue-nisizawa/
2020/01/13
【グループ展】

Claritudo
Curated by Angela Madesani and Elisabetta Mero
November 9 - December 1. 2019
Palazzo Visconti, Palazzo Vecchio, Brignano Gera d'Adda, (BG), Italy

Arists: Satoshi Hirose、Maria Lai、Jacopo Mazzonelli、Elisabeth Scherffig、Antonio Trotta
12345